こんにちは、ドルチェでヘルシーライフの達人SOLEMARE(ソーレマーレ)のケイコです。

六本木でSOLEMARE(ソーレマーレ)プライベートスパエステのオーナーセラピストをしています。

商社OLから転身してオーストラリアに渡り海外でのスパ修行から日本に戻り2007年に1日4名様限定の完全プライベートのスパエステ【SOLEMARE】を開業しました。

ブログのテーマ「ヘルシーライフ」

カラダ★ココロ★マインド、3つのヘルシーが揃えば無敵のビューティーです♪

 

さて、本日の話題は

あらためて水でキレイになる

 

この夏も夢かと思うぐらい(笑)暑かったですね。

暑い時期は自然と水の摂取量が増えて、あらためて、身体に良い水分・お水を摂取する大切さを再確認しました。。

夏も終わりつつありますが、熱中症対策には気が抜けません。

カラダのなかはキレイな海

皆様ご存知の通り、体内の3分の2はほぼ海水と同じ成分の水分です。

想像してみてください・・・私たちの身体の中がキレイな海水で満たされています・・・

私たちの体内の海は・・

    • 身体の66%は水分、、体液は5%のミネラル成分です。
    • 水分の内訳 (細胞内に67%細胞外に33%
      細胞とは水にDNAが浮いている感じ・・。
    • 細胞外液のうち8%が血液

栄養も水に溶けてこそ吸収される

●水の素晴らしい特性は、物質を溶かしてくれること
ある物質が水に溶ける>>イオン化される>>血液が体内を巡る

●血液は全身に酸素や栄養素を運んでいます
体内に必要なイオン化された物質を選択して受け取るポイントがあり、めでたく体内に吸収されるわけです。

*イオン化・・・スポーツ飲料のCMでよく耳にしますよね、汗だくやスポーツの場合には効率よくシッカリ水分として体内に吸収させるための機能飲料だったのですね。

水分が最も不足する時間帯

早朝
夜間に1時間当たり50ccの尿が生成
されます、7時間睡眠として350cc汗が一晩に200ccとして(熱帯夜ならもっと!ですね)約550ccの水が体内から出て行きます

つまり、早朝は血液がドロドロになりやすいです。

夜間にペットボトル1本分=500ccの水分摂取を、昔の人は夜間の水分摂取を【宝水】と呼んでいたそうです。

入浴中
入浴中も汗をかいて老廃物を毛穴からだしますよね、コップ1杯のお水を補給。

2週間で生まれ変わる、毎日飲むお水が私たちの体質を作る

人間が1日に必要な水分は2~2.5リットルです。

そのバランスは
飲料水・・・・・・50%
野菜や食物・・35%
体内で生成・・15%

体重50Kgの方なら30~35Kgが水分です、

単純計算をして2~3週間で身体の水分、つまり体液が全て取り替えられるわけです

 

1日2~2.5リットルのお水の賢い摂取、基本3ポイント

前回のブログ、お白湯の内容の復習もかねて毎日実践できる内容をご紹介します。

 

基本1:腸に吸収されやすい温度で飲む

カラダを冷やさないためにと、高温であれば良いのかと言えば、NO!NO!です。

水に限らず腸に入るモノ、熱すぎても冷たすぎても腸にダメージがあり吸収されずらいのです。

腸への吸収に最適な温度は39度前後、人の体温よりやや高めが目安です。

 

基本2:朝の目覚めの一杯、お白湯が一番美味しい~

地味~ですが滋味~な一杯のお白湯、朝の目覚めの一杯は心地よく五臓六腑に優しく染みわたる感覚です。

お白湯の美味しさが分るとは私も通な大人だなあ~(笑)と。

朝コーヒーを飲まれる習慣のある方は、コーヒーの前にお白湯をオススメします!

超乾燥の冬は勿論、夏は睡眠中にもかなり発汗しています、熱中症予防にも朝の水分補給は生命線です!

 

基本3:カフェインとアルコールには水・お白湯を友達に

利尿作用がある飲み物をいただく時には、同量以上の水かお白湯を飲んで細胞をいつもプルプル潤った状態にしてあげましょう!

 

最後に

うるおいは先手必勝!

のどが渇いた~と気づいた時に飲むのはちょっと手遅れ、先手必勝で先に潤す!水・お白湯を習慣にすると楽です。

 

 

夏のダルいカラダをスッキリ

夏のダルいカラダをスッキリ、重い脚むくんだ脚を軽くしたい、疲労回復にはSOLEMARE名物の「海のミネラルを集中補給」するタラソテラピー、「ファンゴアルゲ海藻海泥マスク」が最適です!

 

それでは、

ドルチェでヘルシーライフの達人SOLEMARE(ソーレマーレ)のケイコでした。

 

お問合せご予約フォームはこちら