チャオ!ベッラドンナの皆様♪

イタリアのフィレンツエに続いて2003年にシドニーへ、そこで運命の出会いNature Care Collegeでディプロマ資格を取得してから気づけば14年!SOLEMARE六本木KEIKOです。

クリスマスイブが来たら今年もあと1週間。
今年はこれまでの人生で最も魅惑的で不思議でした。
9月の誕生日を境に生まれ変わった気分です。
年齢は単なるナンバー数字だと思っていましたが、ハッキリとした人生の区切りとなる大きなイベントでした。

さて、
昨夜のHOLLY NIGHTには四谷のイグナチオ教会の降誕祭のミサに参加しました。
英語で執り行われる最終の会でした、周りはフィリピン人のご家族が多かったです。
会場には座り切れない方々で溢れていました。
nataleイグナチオ教会 (2)

ところで、シドニーの前にかつて住んだイタリアでクリスマスと言えば【プレセピオ】
赤い服のサンタクロースやトナカイはクリスチャニティ(キリスト教)とは関係ありませんね。。
フィレンツエに住んで実感したのはクリスマスはNATALEナターレと表現します、伝統の宗教行事であると。
日本のお盆にご先祖の霊をお迎えする儀式に匹敵するのではないでしょうか。

カソリック系イグナチオ教会で昨夜久しぶりに【プレセピオ】見ました。
イエスキリスト降誕の場景をジオラマで表現しております。キリスト教徒にとっては”救い主”、この地球にきてくれてありがとう!ですね。
娯楽の少なかった昔昔の時代には、寒い冬(キリスト教国、イタリアや欧州、暖房もない時代は12月は極寒!)、年末の心に火を灯すエンターテイメントだったことでしょう。
nataleイグナチオ教会 (1)

2018年も心に希望を、カラダには健康を!

KEIKO